誰がために寿司は廻る

一人暮らしの社会人が好きなことを書きます

プレミアムフライデー その落とし穴と有効な過ごし方

どうもこんにちはすしはかせです。
金曜日ですね!!!嬉しいね!!!長かったね!!!

しかも今日はただの金曜日ではなく、月末金曜日。
月末金曜日といえばプレミアムフライデー。営業にいたころはそんなもの幻のイベントだと思っていたんですが、本社に来てみたらありました。しかも実態の伴わない「名ばかりプレ金」じゃなくて、かなり本格的にやってました。

「プレ金は本当にあったんだ……!」

そんなわけで、今日はプレミアムフライデーについて考えたこと、過ごし方について書こうと思います。

ふらいで〜♪

プレミアムフライデーとは?

まあ、もうみなさん知ってますよね。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO27235960S8A220C1000000

読むのめんどくさい人のためにまとめると、
✔️ 伸び悩む個人消費の促進のために経産省が始めた、月末の金曜日に早帰りを促す制度
✔️ 実施から1年経った今年2月の時点で、認知度は約9割なのに対し、実際に早く帰れている人は11%程度
✔️ プレ金の販促イベントを実施したサービス業者は「これからもやりたい」「もうやりたくない」の意見が五分五分
✔️ 今後の課題もいっぱいあるね〜〜

この国でこんな制度が広まるわけないじゃん(笑)と思っていたけど、予想以上に広まらなくてワロタ。
サービス業とか病院ではプレミアムフライデーのプの字もないらしく(むしろ消費が増えればお店なんかはいつもよりは混むよね)、企業だと部署によっては月末は忙しいので、別日でやる動きもあるらしい。
そもそもサービス業に適した制度とは言えないので、今回は一般企業に絞って書きたいと思います。

実際どんな感じで実施されてるの?

プレ金ガチ勢の弊社がどんな感じで実施しているかを紹介します。あくまで一例なので、参考までに。

・年度始めに繰り返しタイプのスケジュールが全員に飛ばされ、カレンダーの毎月末に「プレミアムフライデー」と自動で入っている。
・プレ金当日の朝、勤務担当者が部内に「今日はプレミアムフライデーです!」とメールを流す。
・上司から「15時以降残る場合は理由を申し出てください」とのお達しがある。
・15時過ぎてから机にいると、上司が直々に「今日中にどうしてもやらなきゃいけないことある?」って圧をかけてくる
・帰るしかない

怖くないですか?
ここまで徹底しているのか……と最初びっくりしました。
逆に今までプの字も出てなかった営業畑は、本当に同じ会社なのだろうか?

日本という国ではそう簡単に「帰りづらい雰囲気」はなくならないです。逆に上司が「残りづらい雰囲気」にする勢いでやらないと定着しません。
うちだと特に「残る場合は理由を申し出る」っていう作業が最高にダルくて最高。
(上司たちには帰れと圧をかけてくれる上司がいないので普通に残ってるっぽいけど、知ったことではない)

「自主的に仕事を早く終わらせ、早く帰れるように心がけましょう!」なんて呼びかけじゃ甘いんですよね。手っ取り早く定着させようと思ったら、トップダウンで強制的にやらないと。
こうして一回従業員に「プレ金は15時に帰るもの」という認識が浸透してしまえば、その後上司が変わったとしても、その認識が今度はボトムアップ的に効力を発揮するでしょう。

どうしたら実施できるのか?

プレミアムフライデーが導入されているけど誰も使ってない……みたいな場合なら、

・早く仕事を終わらせる(月曜日の自分に丸投げしてもよい)
・周りの目を絶対に気にしない

の2つが出来ればバッチリ!
職場での立場が多少悪くなってもオッケー!

ですが、そもそも、導入されていない場合。これは、個人の努力ではどうにもならない問題です。断言できます。
プレ金は、会社の上層部が実施しようとしなければ絶対に浸透しません。どうしてもプレ金が欲しいなら、転職するか、執行役員にでもなるしかないと思います。

プレミアムフライデーをやっている企業はホワイトなのか?メリットとデメリット

「うちプレミアムフライデーやってるんだよね」と言うと、ほぼ必ず言われるこの言葉。

「え〜いいな〜ホワイトじゃん」

ちょっと待って、ちょっと待って欲しい。

プレミアムフライデーをやっているからと言って、果たしてホワイト企業なのか!?

別に業務量が減るわけでも増えるわけでもなく、基本給内なら社員が早く帰ろうが払う給料は変わらない。
サービス業ではないので、利益損失などのデメリットは特になし。
つまり、プレ金導入にかかるコストはゼロ

一方で、「プレミアムフライデー導入企業」として印象も良くなる。社員の満足度も上がる。作業効率も上がるかもしれない。
うちの部署ではプレ金の日に有休や午後半休を取る人もいるので(これ、もったいないと思うけど)、なんと有休取得率も勝手に上がる!

特別ホワイトなわけではない。経営陣が賢いのだ。
(ちなみに弊社でプレ金をやっているのは社員の2割が属する事務組織のみ。残り8割が属する営業現場にはそんなものはない。それでプレ金導入企業を名乗れるのだから本当にずる賢い。)

従業員側のメリットデメリット

会社側にはデメリットらしいデメリットもなかったけど、今度は従業員側の立場で考えてみます。

メリット

・メリハリ勤務ができる
時間はあればあるだけ使ってしまうし、なければ工夫して早くやろうとするものなので、トータルだと作業効率は上がってます。どうにかタイムマネジメントしようという気になる。
仕事にメリハリが付く、これは本当です。

・好きなことをする時間が生まれる
何かをするのに、まとまった時間があるというのは強い。しかも平日は自由度が高く、どこでも行きやすい。過ごし方についてはあとで書いてるけど、無駄にしないようにしなきゃって色々考えるのも楽しい。結局無駄にすることもあるけど。

・気分が良い
なによりも、早く帰れるのは単純に気分が良いよ。日差しが明るくて。
他の日に残らなきゃ行けなくなるなら毎日定時に調節した方が良いなんて意見も見たけど、たまには昼間に解放されることに価値があるんじゃないですか。

デメリット

「仕事量は変わらないので他の日にしわ寄せが行く」とかいう意見を見たけど、月に3時間早く退勤しただけでそんなしわ寄せ行くか?仕事下手くそか?そりゃ1週間とか休んだらシワッシワになりますけど。
月に2時間だったら、1日9分だよ。どうにかなるでしょ。
ということで、デメリットらしいデメリットは思いつかないです。あったら教えてください。

会社側にメリットしかないのに、従業員側にもメリットしかないじゃん。
そんなうまい話ってあるのかな。私、騙されてるのかな。

プレミアムフライデーの欠陥に気づいてしまった

でもね、実際に体験したことで、見えたんですよね。プレ金の致命的な欠陥

プレ金ができたそもそもの目的って、消費活動をしてもらうためって話だったじゃないですか。酒でも飲んで楽しく過ごせみたいな。土日もあるし旅行とか行けみたいな。

これね、
そもそも浸透していないので、周りに早く帰れる人がいない。

一人で飲むか、やることねえ……ってなって家に帰るしかない。
消費活動、促進されなさすぎる。

旅行とか買い物しようにもさ、金がない。
時間はあっても金はない。学生か?

うちの会社さあ、プレ金そんだけ頑張る前にさあ、まずは賃上げじゃない!?!?!?
社長に鬼電しようかな。

どうやって過ごすか、プレミアムフライデー

そんなわけで、私はプレ金を一人で過ごすことにしました。一人だけあそぼーって連絡したけど仕事あるって普通にふられた。
誰と過ごすかじゃない、いかに過ごすかなんだ……!(負け惜しみ)

「一人でやること」という観点で

私のプレ金も7回目になりますが、普段の平日はバタバタして溜めてしまいがちなタスクとかを一人で消化して、スッキリして土日に備えるのが良い、という結論になってきました。あるいは、夜に予定を入れて、それまでに一人じゃないとできないことを済ませておく、というもの。これ、めちゃくちゃ気持ちいいです。
ひとりの時間を強制的に与えられたものとして、「何をしようか」って考えるのはワクワクするし、「あっ、これやらなきゃ!これもやっておかなきゃ!」ってけっこう頭の整理になってよいです。滞納してる住民税払いに行かなきゃ……。
一人でやることだと、美容院に行くとか、試験勉強とかもオススメ。

平日という観点で

平日にしかできないこと、平日にやった方が捗ること、お得なことをやって有効活用しよう!

平日にしか出来ないこと
・病院に行く
・区役所や税務署に行く
・平日限定ランチみたいなのに行く

平日にやるとお得なこと
・カラオケの昼料金で歌う
・喫茶店で作業(平日は空いてる)
・スーパーの夕方のセールに行く


そもそもプレ金が導入されてないよバカヤロウ!って人は、有休とか午後半休を取れば良いだけだから、ひとりの時間を作ってみよう!それか社長に鬼電しよう!

まとめ

✔ プレ金の浸透は会社が頑張らないとダメ
✔ 会社にも従業員にもメリットが多い
✔ ひとりで過ごすことを楽しむことが必要
✔ プレ金がなくても有休を取れば良い


以上、プレ金を利用して喫茶店でプレ金について書いた記事でした。



またね~。

生保営業から内勤に異動した私が思うメリットとデメリット

こんばんは、すしはかせです。

私はもともと生保営業をしていたのですが、3年間の努力が認められ(?)、今年度から本社の内勤になりました。 

今回は、私が営業から内勤になって身をもって感じたメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。生保営業だけでなく営業と内勤の比較にも使えます。生保営業はふつうは個人事業主なので、個人事業主と会社員の比較もできるでしょう。

ちなみにこの記事は、一度内転して3ヶ月経ったころに書いたものをもとに、かなり加筆・修正・再編集しています。

 

 

 個人事業主ではなくなり、会社員になった

まずはこれ。制度上の最大の違いです。

歩合がない分、給料が下がった

保険の営業はほとんどが個人事業主です。これは給与に保険の募集手当などの歩合の部分があるためです。

営業から内勤に移ると当然その歩合がなくなってしまうので、成果がダイレクトに給与に反映されず、モチベーションを保ちづらいです。給与明細を見る楽しみも何もありません。

裏を返せば、がんばらなくても給与が下がるようなことはないので、がんばらない人にはいいかもしれません(生保営業はがんばらないと給与がどんどん下がっていきます)。

私は営業3年目のときは成績も比較的よかったこともあって、内勤になって額面1割以上は年収が下がりました。営業1年目の時の給与とさほどかわりません。悲しい。

節税のメリットが受けられない

個人事業主である生保営業は、仕事をする上での経費などを一切会社が負担してくれません。会社でもらえるのは会社のマークが入った封筒とセロテープぐらいで、それ以外はすべて自腹です。

ですがその代わり、そういった出費を経費として税務署に申請することで、実際より収入を低く申告し、その年に払った所得税を年末の確定申告で取り戻すことができます。貧乏人アピールをするのです。

たとえば年収が300万あっても、ありとあらゆるレシートを集めて年収100万だと申告すれば、支払う所得税を限りなくゼロに近づけることが可能です。

なので、会社員の内勤になると、働く上での経費はかからなくなる代わりに、所得税の還付が受けられなくなります。年収も減るし税金も戻ってこないというわけです。なんかだんだんなんで内転したんだかわかんなくなってきました。 

営業にかかる経費にはどんなものがあるのか

生保営業をする上でかかる経費としては、以下のようなものがあります。ちりもつもればでかなりかかっていたように思います。

・お客さんとのアポの喫茶店代(最低でもお客さんと自分の2人分、相手が夫婦だったりすると3人分)

・お客さんに渡すノベルティ(ティッシュ・ボールペン・タオルなどの軽いものから、契約のお礼や結婚祝いなど大きなお礼まで)

・決められた場所以外(お客さんの自宅の最寄り駅、普段別の事業所で働いているお客さんの職場、知人とのアポなど)に仕事で行くときの交通費

・文具代(お礼やお願いのお手紙にかかる便せん・封筒、ペンやホチキス代)

・印刷したプラン・申し込みに必要な書類などの郵送代

・仕事用携帯の契約費、仕事に必要なパソコンのリース料  ←???

・年賀状、暑中見舞いにかかるはがき代・切手代

・スーツ、靴、鞄などの費用(靴や鞄は酷使するので本当にすぐダメになります)

・お客さんや友人との付き合いの飲み代

経費と還付金、どっちがお得?

所得税の還付は年収にもよりますが最大で年間20万~25万程度だったので、営業にかかる費用がそれ以下であればお得ということになります。なお、所得が減ったことによって住民税もかなり軽減されていたので、実際は年間30万以上の節税ができていたはず。

経費をどれぐらいかけるか、言い換えれば「自分の給与をお客さんにどれぐらい還元するか」は完全に営業マンのスタイルによって違います。最初のうちは上司から「お客さんにお礼の品を買え」「手土産を用意しろ」などと強いられることも多いので出費はかさみますが、年次が上がるとそのへんは比較的自由にやらせてくれるようになります。

そうなると個人事業主として還付金をもらったほうがお得、ということになります。

 

働き方が安定した

労働時間が減った

給料だけではなく、労働時間も大事です。

営業はアポイントの都合などで夜遅くまで働くことも多いです。平均すると20時~20時半に会社もしくは営業先を出ていました。お客さんが全てなので、おなかすいたし今日は切り上げて帰るぜ!なんてことはなかなかできません。もちろん、みなし残業の歩合制なのでいくら働いても残業代なんか出ません。

内勤であれば帰る時間もある程度自分で調整できます。平均退社時間も18時半ごろになりました。会社にもよると思いますが、内勤はPCのログや入館証のログが残るため、営業職員と比較すると会社にしっかり監督されていると言えます。

平均して月に2回ほど、多い時だと月に5回ほどあった休日出勤もなくなりました。厳しいノルマを終わらせないと有休を取らせてくれない上司が多いため、有休なんかとる職員は少なかったです。

ノルマで詰められることがなくなった

もちろん内勤にも締め切りはありますが、ノルマ未達で上司に詰められることはありません。ノルマが終わっていないからといって定時後も残業してテレアポする姿勢を見せたり休日にアポを入れたりすることもありません。親戚や友人に声をかけまくることも、しなくていいのです。

ただ、今までどっぷり浸かっていた成果至上主義の反動で、本社で初任給をもらった時は「一日PCの前に座ってるだけで契約とか何も生み出していないのにこんなにお金もらっていいんですか…?」という気持ちになります。営業特有の脳の病気だと思うのでそのうち治るといいな。

勤務時間が少ないので給与は下がりましたが、給与面・肉体面・精神面で安定して、会社にも守られ、長期的に働けるようになったと言っていいでしょう。

生活リズムが整うと健康にもなるし、家で落ち着いて過ごす時間が増え、給与は減ってもQOLが上がります。収入と出費が安定するので、逆に計画的な貯金はしやすくなりました。

 

いろいろな人がいて、いろいろな役職がある

営業のオフィスは「女子校」

生保の営業現場には若い女性しかいませんでした。私は新卒を中心に採用しているオフィスだったのでそうでしたが、おばちゃんやおばあちゃんばかりのところも多いようです。

営業は性格的な面で言えば、営業は愛想がよく人のために動ける人、感情で動く人、女性的な人(女性なので当然ですが)が多いです。一言で言うと「いい人」が多い。そうでない人もたまに紛れ込んできますが、遅かれ早かれ辞めていきます。

少なくとも表面上は、みんな仲良く楽しく笑顔で頑張ろう、みたいな体育会系な雰囲気でした。陰湿な面もあったりはしましたが、気になるほどではありません。

上司に軽口をたたいたり、同期とスキンシップしたり、トイレで駄弁ったり、お菓子を分け合ったり。「会社」というよりは「女子校」でした。かなり賑やかで和気あいあいとした感じ、ふざけて冗談を言って笑える、楽しい感じが私は好きでした(それでもさすがに締め切り前は殺伐としていましたが)。

ですが、オフィスの雰囲気というのはオフィスの長に大きく左右されるものです。ほかのオフィスに行った同期からは、シーンとしていて全く楽しくないと聞きました。

内勤には多種多様な人材が必要

それに対し、本社は老若男女様々な人がいます。人種の幅が広く、愛想が皆無な人も自分の仕事でなければ動かない人も全く気が利かない人も多いです。営業には愛想の良くない女性や自分の意見を強い口調でズバズバ言う女性がほとんどいなかったので、内勤でそういう方に接したときの衝撃といったらなかった(初対面の女性に「つまりどういうこと?ポイントがわかんない」と言われて泣きそうになった)。

ですが、特定の能力が高かったり知識量がすごかったり、人と違ったスキルや経験を持っている人も多いです。そもそも内勤には愛想がそこまで求められていない。そもそも本社は営業とは全くやることが違っていて、多様な人材を抱えるドライな組織の方が良いのだと思います。

 

役職がたくさんあり、意思決定に時間がかかる

営業のオフィスでは、営業職員、営業をサポートするトレーナー、オフィスをまとめるマネージャー(課長みたいなものです)、営業部長(置き物)、ぐらいしか役職がありません。内勤オフィスにはもっとたくさん役職があります。

私が本社では新人なので一番下で、私の上にもう一つ役職があり、その上に課長補佐、課長、部長、執行役員と続き、何かをするときに下から順に話を通していかなければなりません。案件によっては部長止まりで良いものもありますが、逆に重大な案件だと副会長、社長・会長まで確認を取る必要があります。

営業時代は自分とお客さんの一対一のやりとりだけで、困ったときでもとりあえずマネージャーに聞けば何でも解決したのですが、内勤の縦社会に身を置くと何をするにも自分一人で判断することができないのがもどかしく感じます。上司の許可が出てもその上の上司で跳ね返ってくるなんてことは日常茶飯事ですが、こういう体験をすると悪い意味で「会社員」っぽいと感じます。

 

給与が働きに見合っているのか不明瞭

営業オフィスではみんな営業という平等な立場で、年次が違っても資格や成績が同じであれば給与もほぼ同じでしたが、内勤では同じ仕事をしても給与が違うことはザラです。内勤の悪いところは、給与が職位と労働時間によって左右され、働きと必ずしも比例していないという点です。 うちでは正社員は総合職と一般職に分かれますが、営業から異動して最初になるのは一般職です。総合職の方が給与も出世スピードも福利厚生も格段に良く、身分格差を感じます。 余談ですが、先日総合職の男性が営業職員のことを小馬鹿にしたような発言をしていて、ふざけるなと思いました。全社員の給与は営業が汗水たらしてかき集めてきた保険料から出ているのだから、そういうやつは給料をもらわなくて良いとも思いました。私が飛び越えた溝は思ったよりも深かったようです。

 

どちらの働き方にもメリットがある

人と協力して多様な仕事を自分で調整して進める内勤

営業は営業(あるいは営業に関係する雑務)しかやらないのに対し、内勤には数種類の業務が存在します。少なくともうちの部署はそうですがもしかしたら部署によっては毎日同じ業務をしているかもしれません。

会社イベントの手配、外部のお偉いさんのツアーや会議の手配、発表用の資料作り、外部広告のための調整、部内の連絡網のメンテナンス、出張のための庶務手配などなど、数種類の業務を並行してこなしていきます。それらを決められた時間の中で、どうやっていくかを考えて自分のペースで消化していくことで、タイムマネジメント能力が付きます。

営業ばかりだと飽きますが、複数の仕事をできる内勤は飽きが来ないのも魅力です。営業から内勤に移るのが「ずっと同じことを何年も何十年もやるのは無理だ」という動機から、という人も多いです。

一人で外に出かけて人と接する、自由な時間も作れる営業

逆に営業は、究極的に「契約を頂く」という仕事しかしません。仕事内容は限られますが、外に出かけて足を動かし、たくさんの人に会って話ができるという点に魅力があります。

内勤で毎日同じ場所に籠って同じ人と顔を合わせて働くより刺激は多いです。本当にいろんな人に会えますし、嫌なことも嬉しいことも内勤の10倍はあります。人間ドラマや感情の起伏があります。

新人ではなくなると、過ごし方も自由になってきます。アポがなければカフェで自由に過ごしても、カラオケに行っても、家に帰っても良い。個人事業主ですし、保険の営業は常に人手不足なので、どんなにヤバい職員でもまずクビになることはありません。

 

「ノルマさえ終わっていれば何をしていても自由」

その言葉が営業には勇気を与えてくれるのです。そう簡単に終わるノルマではないんですけどね……。

 

まとめ

営業から内勤に異動したら、同じ会社なのにあらゆることが違っていました。社内異動のつもりだったけど間違えて転職しちゃったのかな?って感じです。 一部の人には需要もあると思うので(どうやら同業の人や同じ会社で営業をしている人がフォロワーさんに何人かいるようです)、営業と内勤の違いをできるだけ具体的に書き留めました。

こんな感じで異動を総合的に見たら、うーんという感じ。いずれ転職するかもしれませんが、今のところはここで頑張ってみようと思います。

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

老舗とモダンの間を行く!谷中銀座の最高に居心地の良い喫茶店「カフェ ア・ラ・パパ」

「昔ながらの喫茶店」といえばどんなイメージでしょうか。

老夫婦が経営しているような老舗の喫茶店では、店員さんが親切で暖かく、良い意味で適当なイメージ。「ずっといても良いよ」と言われているような居心地の良さがあります。ですが調度品は全体的に古く、カウンターには小さなテレビがついていたり、店主が新聞を読んでいる。食器が薄汚れていたりするお店も多いですね。

一方モダンで人気の喫茶店、いやカフェは、店内に木漏れ日が入り、調度品が明るい色の木で出来ていたり、やはりデザインが今風です。小洒落た小物やグリーンが置いてあったり、電球も温かみのある黄色いものを使用していたり。店員さんは若いバイトさんが多く、対応は丁寧ですが、機械的な印象。混み合っていたりすると手が回っていない時もあります。

今日たまたま訪れたのは、その老舗とモダンの間を行く、たいへん居心地の良い喫茶店でした。

 

f:id:akhmani:20180806082447j:image

 

 

Cafe a la papa

モダンな老舗

 

f:id:akhmani:20180806083152j:image

「カフェ ア・ラ・パパ」は、谷中銀座の中央、だんだん坂を降りたところにある小さなお店。ともすれば通り過ぎてしまいそうになるようなちんまり感です。

入口が小さいため、入る時は中をチラッと覗いてみたり、ちょっとだけ勇気が必要でした。

お店に入った時の第一印象は、明るいけど落ち着く、そしてオシャレ! 隠れ家的な立ち位置なのか、日曜日のお昼過ぎでもスッと座ることができてホッと一安心。ホールのおばちゃんに案内されて奥の席へ座ります。

注文した飲み物が来て一度メニューが下げられたあと、メニューをもう一度見せてください、と頼みました。メニューをしばらく見ていると、おばちゃんに声をかけられました。

「メニューはもういいの?ご注文は?」

このフランクさは、老舗の喫茶店だ!

決して急かす感じではなく、優しい口調です。よく見ていると、他のお客さんとも話しています。気さくな雰囲気で、長く座っていても気疲れしません。

一方、店内はひたすらオシャレでセンスが光っている。フランスの写真、マスキングテープでデコられたコルクのメニューボード、キッチンに取り付けられた白い木製の戸棚、ちまちまと並ぶ可愛らしいビン……。

この老舗感とモダン感が両立するのか……。

調べてみると、夫婦で経営しているのだと思っていたら、どうやらお父さんと娘さんで経営しているのだとか。それなら外装や内装がモダンでオシャレでインスタ映えなのも合点がいく。

いや、でもそれならあの感じの良いおばちゃんは一体誰なんだ……?

 

f:id:akhmani:20180806084321j:image

奥の席からの眺め。

外の賑やかなお祭りの音が扉越しに聞こえて耳に心地よいです。

 

夏にぴったり レモンソーダとジンジャエール

f:id:akhmani:20180806084436j:image

ご主人こだわりのコーヒーも飲みたかったのですが、暑さからくる炭酸欲に負けた結果のレモンソーダ。570円。

強すぎない炭酸と、レモンの優しい酸味がスッと喉に染み渡ります。レモンソーダは私の注文でラストだったそうで、なんだか美味しさ2割り増しくらい。

夏季限定の自家製ジンジャエールも飲みました。ピリリと刺激的な、飽きない辛口。生姜の風味がダイレクトに伝わって来て、これはこれで好き。

 

他のメニューはこんな感じ。

f:id:akhmani:20180806085021j:image
f:id:akhmani:20180806085025j:image

 

絶品!アツアツさくさく自家製スコーン

このお店の一押しメニュー、自家製スコーン。

f:id:akhmani:20180805223752j:image

スコーンが2つに、添えられたお皿は左から、アプリコットのジャム、フルーツ盛り合わせ(キウイ、みかん、スイカ)、クリーム。敷かれたペーパーの空色が映えます。スコーンセットで400円。

 

「あちち」
まだ温かいスコーンを手に取り、そっとちぎる。表面はサクサクでカリッとしています。

驚きました。スコーンというのはちぎるとポロポロこぼれるものだと思っていたのですが、世の中にはそうでないスコーンもあるらしい。そう、ここのスコーンは手で小さくちぎっても崩れず、中はしっとりまとまっていてもちもちなのです。

1口めはそのまま。小麦粉の香りと控えめな甘さがふわっと口いっぱいに広がります。外側のサクサクと中のもちもちが交互に味わえて楽しい。

それから2口めは、生クリームとアプリコットジャムをたっぷりと塗って。甘すぎず、さらさらときめ細かい生クリームと甘酸っぱいアプリコットジャムがよく合います。

もう一つのスコーンは少し色や形が違っていました。割ってみて、食べてみて、クルミとチョコチップが入っているものだと判明。
こちらも同じように手で割ってもポロポロ崩れず。でも1つめとは違って中はもちもちではなく、ザクザクした食感が強めで楽しいです。

個人的には、提供するスコーンの説明をわざわざしない感じがすごく気に入りました。

 

落ち着くお店の雰囲気にいつまでも甘えてしまう

洋楽のアレンジなど落ち着くBGMが、控えめな音量で流れる「カフェ ア・ラ・パパ」。お店が狭いこともあって構造的に声がかなり響くので、3組しかいなくてもかなり賑やかな空間に感じます。余談ですが、私が訪れたときは、後ろにいた男性が、自分の周りにいる女性たちの話を延々していて面白かった。

またチェーンの喫茶店なんかだと空調が効きすぎて寒い場合が多い中、こちらのお店は適温でした。店主のおじさんもホールのおばさんもあまりこちらに構って来ない。いつまでも居られる居心地の良さがあります。

 

猛暑のおかげで巡り合えたお店

肌を刺すような暑さから逃れようと、カフェを求めて三千里。

それが功を奏して、すごく居心地の良い喫茶店に出会えました。猛暑、たまにはいいことするじゃん。

 

近くには古民家を改装して作ったという「HAGISO」や、かき氷が評判らしい「ひみつ堂」があったのですが、そちらはかなり並んでいて到底座れる様子ではありませんでした。

その点「カフェ ア・ラ・パパ」はすぐに座れてよかった。混んで来ても並ぶほどは混まないし、ゆっくり出来ます。

いくら人気で評価の高い喫茶店でも、座れなければ私にとっては意味がありません。まずはすんなり座れることが第一条件です。

 

f:id:akhmani:20180806123228j:image

谷中銀座では涼しげなお祭りをやっていました。

 

派手さはないけれど、人を惹きつける魅力がある。

親切でありながら適度な距離感で、決して押し付けがましくない。

良いところはそのままにしながら、今風のものも取り入れていく。

 

こんな人間になりたい、と思うような、私の理想の喫茶店でした。

今度は猛暑じゃないときに行こう、温かいコーヒーを飲みに。

 

お店情報


カフェ ア・ラ・パパ

住所:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-14-11
開店時間:火曜〜日曜 11:00〜19:00

予算:1200円
アクセス:千駄木駅と日暮里駅のちょうど間くらいにあります。千駄木駅からだと6分、日暮里駅からだと5分。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13057908/

 

完全会員制の創作カクテルバー「CRAFT COCKTAIL」に行ってきた

こんばんは、すしはかせです。

ちょっと前になるんですが、フォロワーさんに誘われて完全会員制のカクテルバー「CRAFT COCKTAIL」に行ってきました。

カクテルバー。

カクテルバー!?!?!?

CRAFT COCKTAILとは

進化系創作カクテルバー「CRAFT COCKTAIL」ではプロのバーテンダーが新鮮な素材を活かすための最適な組み合わせを考案したり、唯一無二の新しいカクテル開発への研究を惜しまず、その好奇心を素直に一杯のカクテルとして表現してくれます。
その様は、まさにカクテルアーティスト。
カウンター上で見て、飲んで、食べて美味しい、これまでの既成概念を打ち破る新感覚のエンターテイメントを体感できます。

(公式HP: 会員制バーのCRAFT COCKTAIL(クラフトカクテル) – 完全会員制の進化系創作カクテルバー

ほんほん。

このバー、以下の方法でしか入ることができないということです。

・会員からの紹介
・毎月抽選がある数十名の招待枠に当選

今回、2つ目の方で当てたフォロワーさんが呼んでくれました。

"カクテルバー"ってだけで敷居高いのに、"会員制"って……
お高く止まっちゃってぇ〜〜!!!
しかも会員登録に5000円かかるらしいです。世の中は厳しい。

HPによると住所も電話番号も非公開。そんなことある?

場所は新宿と書いてありましたが、どっちかというと新大久保。最寄りは西武新宿駅です。正確な場所は当選した人だけが教えてもらえるらしいけど、もう覚えちゃったもんね。
お店の位置まで着くと、THE・雑居ビルって感じのビルが。看板すら出してないのかと思いきや、ふつうに出てます。ビル内には似たようなこぢんまりしたお店が所狭しと入っていました。

いざ入店

店内はかなり暗く、相手の顔も見えづらいぐらい。陰キャにも落ち着きますが、出迎えてくれたスタッフのお兄さんがオシャレ人間過ぎて萎縮してしまいます。
四隅や各テーブルにオシャレキャンドルが点在していて、これがないともうなんも見えないんじゃないかってぐらいの暗さです。創作系カクテルが売りなのにこれではインスタ映えも厳しいぞ?と思うけど、あえてあんまり撮らせないようにしてるのかもしれない。
店内は壁沿いにぐるりとソファーが置かれ、テーブル席が4つほど。カウンター席もあります。店内はそんなに広くはないですが、20人くらいは入りそう。日曜日だったからか、そんなに混んではいませんでした。

カクテルコースメニュー

カクテルのコースを頼んでもらっていたので、それを待つ。

哺乳瓶のカクテル

最初に来たのは哺乳瓶のカク……

カクテル……?

屹立する哺乳瓶。ろうそくの光にボヤァ……と照らされながら、哺乳瓶をジッと見つめる成人たち。かなり異様な光景です。

おそるおそる哺乳瓶の口を吸うと、飲むヨーグルトのようなデロデロした白い液体が少しだけ出て来ました。
あ、美味しい。なんだろう、カルーアミルクを彷彿とさせるお味。

でもこれ、かなり力を入れて吸わないと中身が出ません。しかもちょっとずつしか出ねえ!!
哺乳瓶吸うのめっちゃ疲れるな!!!と思っていたら、哺乳瓶の口が着脱可能だというので、堪え性のない私は早々に外して普通にゴクゴク飲む。
終盤まで頑張って哺乳瓶で吸っていたオタクによれば、「哺乳瓶で飲んだ方が酔いが回る」という。また一つ世界の真理が明かされてしまった。
「お酒は哺乳瓶で飲んだ方が酔う」

ふとカウンターの方に目をやると、落ち着いた雰囲気の中で若い女性二人組がしっとりと飲んでいます。でも二人が口にしているのは哺乳瓶
ヤベえよ……もう……絵面がヤベえよ……。

しかし、次のカクテルがなかなか出て来ません。
空にならないと次のカクテルがサーブされないのか、十数分は経ったでしょうか、ひたすら哺乳瓶と向き合う時間が続きました。飲むのに時間かかるカクテル(?)出してきてそのシステムはどうなんだ。
しかも、お通しも出てきません
空きっ腹に酒を入れ続けることになるので、せめて漬物くらい出してもいいと思うんですけど……ダメ?

煙が出るカクテル

なんとか哺乳瓶を倒し、次に出てきたのはドライアイスが入っていてコポコポ言ってるカクテル。コポォwww

これ、とても楽しかったです!
実際に見るより写真の方が綺麗に見えますね。楽しくてフーフーしてたら私のドライアイスだけがみるみる小さくなっていきました。
カクテル自体はぶどうみたいな味でスッキリ美味しかった。

(休憩)フード

しかしカクテルは来るけど、待てども待てども固形物が来ない。
本当にお通しの類はないみたいなので単品でフードを頼むことに。

メニューを見ていると、オシャレな店にそぐわない「卵かけごはん」の文字が。
卵かけごはんがあるなんてなかなかやるじゃない!!!と頼もうとしたら、ごはんを予約分で切らしているという。そんなことある???
一度評価が上がっただけにこのガッカリ感はひどい。まだ7時台なのにごはん切らすなよ。こっちがキレるよ。


とりあえずナッツ。
奥にあるのは燻製の馬肉というレアもの。サラミっぽくて、旨味がギュッと詰まっています。詰まりすぎてて量が足りない。


ローストビーフ。美味しいけど少なすぎるよ!!!

イチゴとメロンのカクテル

カクテルグラスとボトルが運ばれてきました。

どうやらこれをこうしろということらしい。

果実の味が濃くてとても美味しい。
あんまり強くなくてまろやかで飲みやすいです!

きっとカクテルの中でも美味しいカクテルなんでしょうが、私のカクテル経験が年齢に伴っていないため、ちゃんと比較できないのが残念でなりません。


締めのナチョス。

今まで頼んだフードの中ではダントツに量が多いけど、これぐらいで普通ですよね?
だんだん感覚が麻痺してきた。

まとめ

✔️ 「会員制」の響きが超カッコいいのでモテるかもしれない(ただし登録に5000円かかる)
✔️ 雰囲気が良くオシャレなのでモテるかもしれない(ただし哺乳瓶で全てぶち壊しになる)
✔️ 食べ物は値段に対して量が少なく、食べることを楽しみたい人には向かない
✔️ お酒はどれも凝っていて美味しく、カクテル好きには楽園
✔️ 米を切らすな

哺乳瓶カクテルのインパクトがあまりにも強過ぎて若干の出落ち感が否めませんでしたが、カクテルはどれも綺麗で飲みやすく、見た目にも楽しいものでした。
カクテルに力を入れすぎなのか、お通しがなかったり、食材を切らしていたり、カクテル以外のところではちょっとツメの甘さが目立ちましたが、コンセプト自体は素敵だと思うので、これからどんどん洗練されていって欲しいお店です。
「会員制」を売りにして敷居を高くしている分、もう少しプレミアム感のあるおもてなしがあると、より"会員制"が生きてくると思います。

カクテルバーは初めてだったのでとてもいい経験になりました!
誘ってくれたフォロワーさん、ここまで読んでくれた皆さん、ありがとうございました。


またね〜

自分史のススメ ー 将来のために過去を振り返る(後編)

こんばんは、すしはかせです。
自分語り記事、後編です。

大学時代

welcome to underground……

晴れてピカピカの大学一回生、友達百人できるのも悪くないと思っていた私は数々のサークルが個人の情報処理能力を遥かに凌駕する無数のチラシを差し出す大学のキャンパスへと足を向けた。そこには光り輝く純金製の未来が扉を開いているように思われた。そのどれを選んでも「薔薇色のキャンパスライフが約束される」と思っていた私は手の施しようのない阿呆だった。


四畳半神話大系は神

いや〜、大学って何もしないと本当に友達出来ないんですよね。
寝て起きてインターネットしてご飯食べてゲームしてインターネットしてご飯食べて寝て……って生活をしていたら、インターネット人間になってしまいました。
大学の友達、マジでいないです。
かろうじて「友達……かな……?」みたいな人も、ぜんぜん連絡とってない。悠木碧ちゃんとも知り合ったけど、たぶんもう連絡取れない。
ていうかほとんど行ってないのに友達いたら逆に怖いわ。たまたま同じ大学だっただけのインターネットの友達を大学の友達って言っていいなら何人かいるけど。あっ死にたくなってきた、やめます。

すしはかせの源流


大学生ということで、寿司屋でバイトなんかも始めちゃいました。回転でも非回転でもなく、お持ち帰りタイプの寿司屋です。別に今ほど寿司に興味があったわけではなく、ふつうにみんなと同じテンションで寿司が好きでした。
寿司屋のバイトを始めてから廃棄の寿司を食べる機会がグンと増え、より寿司が好きになったというのが本当のところ。

そうそう、大学2年か3年のころ、創作活動をちょっとして、コミケに出たりサイト(どっかいっちゃった)を作ったりしました。
自分としてはあまり上手くいったものではなかったので、いい思い出にするにはもう少し時間がかかりそうです。

挫折、そして妥協

そんなお寿司大好きインターネット人間にもとうとう就活の時期がやってきてしまいました。
民間の就活は嫌だなあという浅はかな考えから都庁を目指すも、インターネット人間にうまくいくはずもなく、二次面接で落ちます。面接対策を怠ったこと、親のアドバイスを無視して都庁一本に絞ったことが敗因です。
夏頃から民間の就活をはじめ、周りはみんな就活を終えて遊んでいたこと、暑くてやる気が出なかったことで、最初に内定が出た会社で、保険の営業の仕事を始めることになりました。私の人生妥協だらけだなあ、と思ってちょっと悲しくなりました。

社会人になってから

コミュ障営業マン爆誕


私が保険の営業をすると言ったとき親戚の誰もが「え、はかせちゃんが?」という反応で、それはもう、ものすごい心配のされようでした。
私も少しは心配でしたが、蓋を開けて見ると、引っ込み思案でもコミュ障でも雑談ができなくても、営業をすることは出来ました。この辺の話はいずれ詳しく書きますが、営業においてコミュ力というのは「あれば良い」くらいで、なければないで付いてきてくれる人もいます。

はかせ、営業辞めるってよ

営業が上手くいったときもあれば、上手くいかないときももちろんありました。どうしても上手くいかないときは本当に気持ちがダメで、何度か辞めてやろうかと思いましたが、口に出したことはなく、出す勇気もなく、ズルズルと営業を続けていました。
そんな折に上司から「営業を最低3年間やると内勤になるチャンスがある」と言われ、それを目指すことになっていました。私も大概単純なもので、目標とゴールが明確になったことで、かなり頑張りました。最後の方は慣れてきたこと、募集環境に恵まれたこともあって、楽しかったです。
そして無事に内勤を成功させ、本社勤務を命じられ、今に至ります。
でも今ね、超会社辞めたい。どうしよう。

私という人間について

好きなこと

絵を描くこと、文章を書くこと、何かを作ること、表現すること。この辺りが私の核となっています。だから今私は、こうしてブログを書いています。
何かを書いて評価されたいという気持ちが強いみたいで、ツイッターも8年目くらいです。うわあ絶対やめたい。

仕事

両親ともにキャリア組だったのもあって、自分も総合職で仕事をしたいとは思っているんですが、今の状態だとかなり厳しそうなので非常に悩んでいます。妥協を重ねてきたツケが回ってきたという感じなので、みんなも妥協はなるべくしないほうがいいぞい
仕事もやりつつ、書いたり描いたり好きなことをやって、楽しい感じの人生にしたい。わがままかな。
願わくば6億円が欲しい。

人間関係

人と接するのは苦手だけど人は好きという、よくいるパターンです。
ちょっとは成長したしこれからはいろんな人とうまくやっていきたいと思うけど、いかんせん対人体力がない(対人体力というのは人が他人と接するときに消耗する体力になります ©︎すしはかせ)。
対人体力付けたいしいろんな人と仲良くなりたいので、興味ある人は誘っていきたいし誘って欲しいです。

性格

かなりの変遷がありました。
ひたすら人見知りの引っ込み思案だったところから、すごいやさぐれたり、明るくアクティブになったり、かと思ったら引きこもってインターネットに浸かって擦れて、社会に出て営業として1000人近い人に会って揉まれていろんな経験をして、こうして書くと忙しい人生だな!と思うけど、他の人の人生を知らないのでなんとも言えないな。
最近ようやく人間としてバランスを取れるようになってきたと思います。まだまだですけど。

自意識

ごくごく最近まで、かなり自意識や認知が偏っているほうだったと思います。
他人がそんなとこまで気にしてないよってところを異常に気にしたり、逆にみんなが気にするところを気にしなかったりね。
自分の認識している自分と、他人が認識している自分が近づくことをアイデンティティの確立とか言うんだけど、
やっと自分を客観的に見れるようになってきてここまで書けるようになってきた、そんな感じ。

何かの折に「うわ自分キモいな~」と思ったとして、「今すぐこの場から消えてなくなりたいアアアアア」だったのが
「みんなこういうときどう対応してるのかな…」「次からもうちょいキモくないように振舞おう…」とか「まあここはキモくてもしょうがないか…」とか思える感じになってきた。
まあ、まず「キモいな〜」ってならないのがベストなんだけどな。

まとめ

今回自分の過去を振り返って書いてみて、ウワッてフタしたくなることもあったけど新しい発見とかもありました。
基本的にマイペースに、漫然と生きてきたなとか、本気で何かに打ち込んだことが少ないなとか、周りの人には恵まれた方だなとか、根幹の部分はあまり変わってないなとか。

でも、こうして人生を振り返ってみたときに、就職くらいまでは基本的に成長していくし数年ごとに環境が変わったりしますが、ここから先は意識的にライフイベントを作っていかないと、メリハリのない人生になってしまうと感じて怖くなったのが一番大きかったです。
必ずしもメリハリのない人生が悪いわけじゃないですけどね。安定してるし省エネで。
でもやっぱり、例えばずっと同じ作業ばっかりでイベントの発生しないRPGとか、「給料日」のマスしかない人生ゲームとか、ダレるし面白くないじゃないですか。
それが嫌だったら、自分の人生は自分で演出する必要が出てくるんだと感じました。

暇があったら、一度"自分史"みたいなものを書いてみることを強くオススメします。

自分史を書くと
・自分の性格
・どんな時にどんな選択をした結果どうなったのか
・そして現状何が課題なのか
という流れや傾向みたいなものが整理されて、今後の対策になります。

ブログでもメモ帳でもチラ裏でもなんでも良いので、将来のために過去を振り返ってみませんか?

まあなにが言いたいかっていうと、幸せになりたいってことです。

それでは、長い記事をここまで読んでくれてありがとうございました!

またね~

自分史のススメ ー 将来のために過去を振り返る(前編)

こんばんは、すしはかせです。

そういえば自分のことちゃんと書いてなかったな、とふと思って、今更ながら自己紹介をさせて頂こうかと思います。
せっかくなので、"自分史"というものを書いてみることにしました。感想やメリットなんかも併せて伝えていけたらと思います。

※今回はお役立ち記事ではなくただの自分史になっていますので、無理のない範囲でお付き合い頂けたら嬉しいです。

生い立ち

オギャッ

1992年4月28日、神奈川県に生まれます。
極度の恥ずかしがり屋で、自己紹介も出来ない子供だったそうです。
幼稚園の新しく入った組でも自己紹介ができずにずっともじもじしていて、見かねた先生が私を紹介した、 というのが人生でかなり序盤の記憶なんですが、我ながら情けなくなってきますね!
今だって人見知りだけどさすがに自己紹介ぐらいは出来るので、私の25年は無駄ではなかった。

2つ下の弟とすこぶる仲が良く、一緒に畳の上でうつ伏せになってバタバタしている写真なんかは我ながら可愛い。

当時から食いしん坊。特にいくらが好きで、ひとたび食卓に発見すると隠しても「あかいの!」と指さしたそうです。齢2にしてすしはかせじゃん……
絵を描くのが好きで、幼稚園で他の子にポケモンの絵を描いてあげてはお菓子と交換してもらっていた記憶があります。どんだけ食いしん坊なんだ。

物静かな子供で、法事に連れて行ってもずっと正座して静かにしていたので、親戚のおばさんから「はかせちゃんがもう少し騒いでくれれば早く終わったのに~!」と言われた、というエピソードが気に入ってます。

小学校時代

「申し訳ない」という気持ち

親が共働きだったので、放課後はおばあちゃんの家に行くか、ハマっ子クラブという横浜市の学童保育のような施設で絵を描いていました(オタク)。
基本的にぼんやり生きていたらしくて昔の記憶は少ないんだけど、この頃から覚えてることが出て来ます。
一度、下校の時に、おばあちゃんが学校の正門で待っていたのに、友達と一緒に裏門から帰って、あとで帰ってきたおばあちゃんにリビングに正座させられてめちゃめちゃに怒られたのを強く覚えています。生まれて初めて「申し訳なかった」という気持ちになって、ポロポロ泣きました。

初めての転校

小学三年生のとき、親の仕事の関係で都内の小学校へ転校しました。
人見知りの私が新しい学校に馴染めるはずもなく、仲間外れにされるようになります。人が見たらいじめだと言うでしょうが、私は我が強かったのでいじめられたとは思ってなかったですし、向こうもいじめてるとは思ってなかったでしょう。数年後、地元でばったり会ったら普通に「はかせじゃん!」って声かけられて「お、おお」って感じで普通にしゃべりました。
テニプリにハマって女オタクに足を突っ込み始めたのもちょうどこのくらいです。この時代の女子、テニプリにハマりがち。

さよならお父さん

五年生くらいの時に、両親が離婚します。
私は自分では気にしていないと思っていたのですが、今思えばその影響は小さくなかったのかもしれません。離婚そのものよりも、それによりヒステリックになった母に釣られる形で、常に心が波打っていた気がしています。私より2つ年下だった弟の方は、もっと荒れ模様でした。

「かわいくない」子供

六年生の頃にはかなりかわいくない子供が出来上がっていました。中学受験をすることもあって、地元の中学に上がる生徒ばかりの我が校では、教師の悪いところを全て煮詰めたみたいな担任のハゲ先生にもいびられていました。
塾に通っていると学校のテストって本当に簡単なので、返ってきた満点のテストを即座にゴミ箱に捨てたら、すげー剣幕で怒られました。わけのわからない理由で残らされたりもしました。さぞかし私はかわいくない子供だったのだろうと察しますが、先生は許しません。

中高時代

小学校でハブられながらもがんばって中学受験をして、第一志望ではないにせよ唯一受かった進学校に進んだ私は、今までの人間関係を完全にリセットした環境で、少しずつのびのびと明るくなっていきます。
見学に行った演劇部で台本を読んでみて、褒められちゃったりして、一緒に見学に来ていた子に乗せられる形で入部します。美術部にも入り、同級生の友達もできました。
2年生になる頃には友達も少し増え、親友と呼べる人もできました。クラスは好きではありませんでしたが、部活や修学旅行は大好きでした。帰りは友達と寄り道をすることが多く、マックに行ったりゲーセンに行ったり、シュークリームを買い食いしたり、デパートの屋上のベンチで、帰らなきゃいけない時間ギリギリまで話し込んだりもしました。友達と話したことはほとんど覚えてはいないけれど、どれも本当に楽しかった。
文化祭の時期には、二つの部活だけでは飽き足らず、漫画同好会にも誘われてホイホイ入り、有志の文化祭実行委員にも入りました。エネルギーが有り余っていたのだと思います。若いってすごい。
勉強は得意な方でしたが、好きではなく、継続できない私は高校生後半になると周りの生徒にどんどん抜かれるようになります。母に言われるがままに受けた東大には余裕で落ち、早稲田に進学することになりました。


長くなるので後編に続きます!

コミュ障にオススメのデートスポット5選

f:id:akhmani:20180721110053j:image

気になる異性と遊びに行くことになった!

いや…待てよ…?

 

俺コミュ障だったわ……

 

コミュ障のみなさんこんにちは。コミュ障です。

コミュ障のみなさんは異性とのデートで会話が続かなくてびっくりするほど気まずくなったりしますよね。

「え、こんな気まずくなることってあるんだ~ウケる~」ってなったりしますよね(私はオフ会とかで何度かなりました)。

でも四半世紀生きても培われなかったコミュ力が一朝一夕でどうにかなるはずもありません。どうすればいいのでしょうか。

 

もう…ダメだ……

 

f:id:akhmani:20180729093223j:image

 

(……くん…!)

 

f:id:akhmani:20180729093238j:image

 

(チ、千尋さん…!?)

 

(発想を逆転させるのよ、ナルホドくん…!)

 

(発想を、逆転……!? そうか……!)

「“どうやったら話せるかを考えるんじゃない…!

 “どうやったら話さなくてもいいのかを考えるんだ…!」

 

f:id:akhmani:20180729091128j:image

 

というわけで、コミュ障にオススメなデートスポットを5つ、実体験も踏まえながら、コミュ障自らが考えてみました。 

 

 

1.水族館・美術館・博物館

f:id:akhmani:20180721105705j:image

 

こういった鑑賞系はまずオススメしたい定番デートスポットです。

完全に無言だと変ですが、「喋らなくても許される感」が強い。むしろ無理に話すよりは、お互いなんとなく付かず離れずペースを合わせながら静かにまわる方がいい雰囲気になります。なんと言っても、目の前に次々と展示物が現れるので、コミュ障でも話題を見つけやすい!

規模にもよりますが、水族館だと1〜2時間、美術館や博物館だと並ぶ時間も含めて2〜3時間潰すことができます。ただし明らかに人が集まり激混みするであろう特別展はダメです。「フェルメール展」とか「葛飾北斎展」みたいなやつ。行くならせめて朝イチです。初デートでディズニーに行くと待ち時間が長すぎて失敗するという話、聞いたことありますよね。並んでいる時間、コミュ障には荷が重すぎます。

それから、デパートなどで開催される「スヌーピー展」「北海道物産展」のような特設展示もオススメ。それ自体の規模は小さくても、ついでにデパートを見て回ることができるためトータル1〜2時間は潰せるポテンシャルがあります。

水族館や美術館に比べると入場料が安く、中にはタダで入れるものも。コミュ障だけでなく貧乏人にも優しいね。ウィンドウショッピングもタダなのでサイコー。

 

2.映画館

f:id:akhmani:20180722082545j:image

 

これも鉄板ですね。喋らなくて良いというより喋ると怒られるので、映画館にいる間はコミュ障も無敵状態です。

ただ、映画を観たあとの行程もしっかり考えておかないといけません。時間が微妙に空いてうっかり喫茶店などに入ってしまうと死にます。なぜなら喫茶店は会話を楽しむ場所だから

他に行くところをある程度決めておくか、映画の時間は夕方くらいにしておき、ご飯でもして解散するのが無難でしょう。後ほどごはんを食べる場所のヒントを書いていますが、もしどうしても自信がなければ映画を見たら即解散しましょう。

私語厳禁のエンタメ鑑賞系だと、コンサートやお笑いライブなどいろいろあるので、相手の好みを踏まえて臨機応援に対応しましょう。その場の会話をがんばれない分は事前準備でカバーです。

 

3.カラオケ・ゲーセンなどのアミューズメント施設

f:id:akhmani:20180721103908j:image

カラオケは歌が流れている間は喋ることができないので、コミュ障にやさしい場所と言えます。

ただし、相手が歌っている間は漫然と曲を聴いていてはいけません。話題を考えましょう。相手が歌っている時間(シンキングタイム)が少なくとも3、4分はあるのに対して、次の曲までのインターバルは1分足らずなので、「これ何のテーマ曲?」とか「Cメロ初めて聞いたけどめっちゃ良いねデュフフwww」とか言っておきましょう。

問題は、相手がさっさと曲を入れてくれず隙間時間が発生する場合。このとき、2通りのケースが考えられます。

 ①カラオケが苦手、歌いたい曲がない

よくあるケースですが、そもそもカラオケに行く前に「カラオケとか好き?」と聞いておくことで、このケースは未然に防げます。防いでください。

となると問題なのはもう一つのケースです。

 ②歌うよりもコミュニケーションを取りたい

なんでカラオケでコミュニケーションを取りたがるんだよ……いや嬉しいけどさ……。

こうなると「相手は仲良くなりたがっているのだ」と好意的に捉え、腹をくくって会話するしかありません。そういう時のために、聞きたいこと、話したいことを考えておくのをオススメします。私はスマホにカラオケの持ち歌をストックしていたけれど、そんなものより話題をストックしておけばよかったと思います。

その他、小手先テクニックとしては「やたらドリンクを取って来たりトイレに立ったりして時間を稼ぐ」というのがあります。以前私はドリンクを飲み過ぎて頻尿になってました。

カラオケは移動できない空間でコミュニケーションを強いられるリスクもある諸刃の剣です。最初は1時間くらいにしておくこと、それから、できれば避難所(ドリンクバー)のあるところにしておくことです。

 

f:id:akhmani:20180721110436j:image

ゲーセンもなかなか重宝します。クレーンゲーム、音ゲー、クイズゲーム、電車でGO、比較的どれを選んでも「ア〜〜!」とか言っとけばそんなにしゃべる必要がないので。

また、一見パリピ向けと思われるボウリングやスポッチャのような施設も、体を動かしている間はあまりしゃべる必要がないので、気まずい時間は生まれにくいでしょう。私はパリピの結界に阻まれて入店すらできませんが。

こういうアミューズメント施設が集まった「ROUND1」のような場所は、実はコミュ障に優しい場所なのです。

 

4.カウンター席のお店

f:id:akhmani:20180721220115j:image

 

ここまで遊んでばかりいたので、そろそろおなかが空いてくる頃ですね。

ご飯を食べに行くときは、テーブル席ではなくカウンター席にしましょう。

相手と横並びになるからです。

人と目を合わせるのが苦痛なコミュ障にとって、相手と向かい合っていなくて良いというのはそれだけでかなりの負担軽減になります。

実は今まで挙げたデートスポットには共通点があります。水槽を、絵画を、スクリーンを、PVや歌詞を、UFOキャッチャーのアームを……どれも「何かを二人で見る」という行為が主であり、顔を真正面からバチコリ合わせる必要がない場所ばかりだったのです。

ここは一つ、カジュアル目なバルや居酒屋のカウンター席に行ってみましょう。ある程度は相手の方を見ながら話した方が良いですが、真正面よりは絶対に楽なはずです。ちなみに人と話すときは顎とか鼻のあたりを見ると目が合っているように感じられるとか。居酒屋はお酒が助けてくれる部分も大きいです。

お店選びについてですが、薄暗いお店だと相手の顔が見えにくくて緊張が和らぐのでオススメ。なお、声が通らないタイプのコミュ障は騒がしい居酒屋はやめておきましょう。発言を何度も聞き返されて死にたくなります。

話すことがなくて気まずいときに私がよくやっていたのが、「ひたすら料理を頼んで延々食べる」という戦法。ただのコミュ障がコミュ障のデブになるのでオススメはしませんが、来た料理をめちゃめちゃ噛んで超ゆっくり食べるぐらいはやってもいいでしょう。

 

5.カニを食べるお店

f:id:akhmani:20180721112132j:image

人はカニを食べると無口になります。これ以上多くを語る必要はないでしょう。

 

まとめ

f:id:akhmani:20180722083027j:image

 

1.水族館・美術館

2.映画館

3.カラオケやゲーセンなどのアミューズメント施設

4.カウンター席のお店

5.カニを食べるお店

以上が、コミュ障の選ぶデートスポット5選です。

逆にタブーは列に並ぶもの喫茶店テーブルタイプの明るいお店です。

 

コミュニケーションは食うか食われるかの世界です。

私も1コミュ障として今までいろいろな失敗をしました。コミュ障がちょっとやそっとじゃ治らないと気づいてからは、コミュ障なりにダメージを軽減しながらごまかしごまかし生きていく方法を模索しています。

慌てず焦らず、話題を探すこと。そのための準備も怠らないこと。そして、戦える場所を選ぶこと、戦えない場所を選ばないことが大切です。

今回は私の個人的な戦略を紹介しましたが、もし他に良い戦略があれば教えてください。

コミュ障はみな仲間です。いっしょに良い生き方を考えていきましょう。

ではまた。

 

昇進試験の受験料が給与から引かれててめっちゃ会社辞めたい

こんばんはすしはかせです。

お寿司食べてないから夏バテ気味です。

 

f:id:akhmani:20180726231718j:image

だいじょうぶじゃないよう

 

サラリーマンなぞなぞ〜〜!!

さて、25日と言えば、何の日でしょうか!

 

そう、給料日ですね。

  

 

イエ~~~~イ!!!!キャッホ~~~!!!

って、そんなはしゃぐほどの額でもないんですけどね。はは。

 

営業やってたころは月々のお給料が高くてなんやかんや生活に余裕があったので、

「あれ?そういえば今日って給料日なんだっけ?」「給料日とか意識したことないわ~(笑)」って余裕ぶっこいていたすしはかせですが、生活が苦しい今はもう意識しまくり。給料日で喜んでる人のことちょっと笑ってて本当にすみませんでした。

 

事件は起きた

出社してPCをつけるや否や、はやる気持ちを抑えきれず真顔で会社のマイページにログインし、給与明細を開く。
今月は固定費の見直しをしたので先月より1万円ぐらい多いはず……!

「んっ……?」

「先月より5千円ぐらい少ないんだけど……?」

控除欄を舐めるように見る。
”そいつ”は一瞬で見つかった。

 


「〇〇試験受験料 16,000円」

 

これです。

 

どんな試験なのか

これ、何かというと、うちの会社で昇進に必須のため、全員半強制的に受ける試験である。
1科目あたり2,000円とさほど高くはないのだが、8科目あるので16,000円。

 

…………。


なるほどね?

いや、確かに申し込んだよ。
必須だからとか言われて。庶務さんに「はかせさんの申込用紙これね~」って言われて。

 

まあ申し込んだか申し込んでないかで言ったら、申し込んだよ。それはもうしっかりと。


そっかそっか~~そういうことするんだ~~へぇ~~

 


ってオイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


別に要らないけど自己研鑽のために自分で取りますっていう資格なら、自腹でも納得がいく。会社から補助があるような場合もあるだろう。
でもこの資格は、この会社で生きていくための必須資格。受からなければ一生初任給みたいな給料なんだから。死んでしまうだろ。

生きるために必要な資格の受験料を本人に負担させるってなんだ。
16,000円なら払えなくもないでしょ?とかそういう問題じゃない。
会社のその姿勢こそが問題なのだ。
弊社のハゲ!!!!ブラック企業!!!!!!!

 

というか普通に困る

16,000円。大金である。私の1か月のエンゲル予算(食費)をはるかに凌駕している。
手取りが1割近く持っていかれたら普通に困るし困るし困る。
生活に余裕がある人はいいよ。でも私は貯金するために毎日毎日お弁当持って行ってるんだよ。16,000円あったらね、500円×32日で1か月半くらいお弁当持っていかなくて済むよ。私の日々の努力をなんだと思ってんだこいつは。

そもそもこれって法律的にどういう論点があるの?とか思ってネットで調べても知恵袋ぐらいしか出てこなくて、しかも

「昇進昇給するために必要な資格であれば自費でも取得するでしょう。」
「考えてみて下さい。昇進は自分が利益を被る訳ですよね。
自分の為なのに、自分に投資して当たり前じゃないですか。」

みたいな回答ばっかりで寒気がしてきた。

このいい子ちゃん野郎が!!!じゃあお前はほかで役に立たない試験取るために手取り1割持ってかれても何も感じないのかよ!!!
みんな洗脳されてる。頭がおかしくなっちゃってるよ。こんなところにいたら私まで頭おかしくなるよ!
しかも質問してる人たちの中に受験料自腹の人なんかいなくて、テキスト代とか交通費とかそのレベル。受験料からテキストから交通費まで全額自己負担の弊社ってもしかして異端?w

 

いや、「自己投資」とか、言ってる意味は分かるんです。

でも、数年後に給料上がるかもしれんし……みたいなフワッとした可能性より、目先の確かな16,000円が大事なの。貧乏ってそういう悲しい生き物なの。

 

要するに会社辞めたい

何が言いたいかというと、会社辞めたい。
こんなことで、と思う人もいると思います。でも、こういうのは「一事が万事」だと思うんだよね。
根本で考えていることは、末梢の部分ににじみ出てしまうものじゃないですか。
上層部が、若い従業員を、特に一般職を大切に育てようと思っていないから、それがこういう些末な部分に出てしまう。逆に上層部の待遇はそれはもうすごいもので、会社っていびつな形をしているんだなあと思います。

こういう控除とかみなし残業とかで搾取されまくって消耗していくだけの生活を、なんとか打開したいと本気で毎日考えています。
ブログでもマンガでも、なにかで注目されるようになりたい。

 

「こんなとこ絶対に辞めてやる」

f:id:akhmani:20180726231957j:image

千と千尋のりん、最高ですよね……

 

最後に

ここまで読んでくれてありがとうございます。
ぐちぐち言ってすみませんでした!

ひとしきりぐちぐち言ってまあまあ気が済んだので、昇進試験の勉強します。

どうせもうお金取られてるしね。受からないとそれこそ無駄になるしね。

 

結果は出たら報告します!


またね。

 

平日の中日に有休取って庭の湯行ってきた

有休を取るべき曜日ランキング1位……

水曜日!!!

平日の中日に、取っちゃいました。有休。

せっかくだし休日だと混んでるようなところに行こうと思って、スーパー銭湯「庭の湯」に行きました。暑くて疲れ溜まってるところだし。
見どころとこんな風に回ってよかったよというのを紹介したいと思います。休日にも行ったことがあるので、休日との比較もできました。


庭の湯とは

庭の湯は豊島園駅から徒歩3分くらい。スーパー銭湯の中では都心からのアクセスは良い方なのでは。
営業時間は10時〜23時で、大人一人2310円。ちなみにネットで前売り券を買うと300円引きとかになります。
18時からのナイトスパだと1298円と安くなりますが、300円の前売り割引は使えず当日受付で買うことになります。

公式サイトはこちら→ http://www.niwanoyu.jp/niwa/index.html
「お知らせ」を見ると2018年に入ってから何故か突然鬼のペースで更新していて、ホームページに力を入れている様子が伺えます。

まずは岩盤浴に行け

岩盤浴があるスーパー銭湯って調べたら意外と少なくて、あったとしても結構高いんですね。
庭の湯だと平日500円、休日700円とリーズナブル。11:00〜13:20がフリータイム(最大140分間使える)、13:30以降だと50分制になるので、岩盤浴が好きならお得なフリータイムのときに行きたいところ。
1階カウンターで申し込みをしに行ったときにはもうフリータイム始まってましたが、軽く受け付けてくれました。
普通の岩盤浴は52度程度、汗蒸幕(はんじゅんまく)という韓国のドーム型サウナは70度以上あって、死ぬんじゃないかな?と思ったけど、なんと生きてます。どっちもマイペースに出たり入ったり出たりできたので気持ちよかった。
サウナから行ける日本庭園が綺麗で、巨大な鯉もたくさんいて本格的だった。水着のおじさんが通りかかったのでプールゾーンからも入れるっぽい。

お食事処

長くいようとしたら当然お腹空くよね。上手くできてるね。そんなときは2階の食事処に行きます。
前に行ったときはお座敷とテーブル席を選べたんですけど、お座敷が高座になってました。実質どっちもテーブル席じゃん。座椅子が好きだったのでちょっと残念。

庭の湯は大体フェアをやってるんだけど、今は「肉フェア」という気持ちのいいタイトルのフェアをやっていて、パーコー麺を食べた。うまい。

他のメニューはこんな感じ。全体的に高いよね。なので料金からすると味はふつうだな……みたいな評価になってしまうと思う。

リラクゼーションルームを一気に紹介

畳にゴロゴロ横たわるコーナー : 静かで涼しくて快適だけど、畳だけだとちょっと硬い。
テレビ付きのリクライニングチェアー : 休日だとまず座れないのですが、平日だとけっこう空いてました。座ってるだけなのですぐ飽きた。
電動マッサージチェアーは15分300円くらいお金取られますが、4~5席あるのが満席と賑わってました。
ボディケアのメニュー : マッサージ師がやってくれて、物にもよるけど50分5000円とかけっこうお金かかるので、いつかお金持ちになったら出直すぜ……って言って横目で見ながら通り過ぎた。

プールと温泉はだいたいこんな感じ

プール

「バーデゾーン」という水着で入る男女混浴(?)の温泉っぽいプールがあります。
床から泡が出たり滝に打たれたりするコーナーがあります。泳ぐと監視員さんに怒られるんだけど泳ぎたくてうずうずする。

温泉

炭酸泉、ミクロバイブラ(!?)、寝ながら入れる温泉、露天風呂などいろいろある。
寝ながら入れる温泉は4箇所あったけどおばあちゃんで満席のため断念。
風呂釜みたいなのにすっぽり入れる1人用の温泉があったけど、おばあちゃんがすっぽり入ってたのでこれも断念。
平日の夕方、物によっては意外と混みます。

持っていくと良いなあっていう持ち物

・水着 : レンタルに440円かかる
・くし : 脱衣所にあるかと思ったらなかったので
・ゴム : 髪の長い人はプール入るとき縛るため
言われてみれば当たり前ですけどけっこう忘れます。

混み具合について

平日の昼間はおばあちゃんおじいちゃんがほとんどで、大学生っぽい人もちらほらいました。
15時すぎたあたりから徐々に人が増えはじめます。今日は外国の人がいっぱい来ました。
平日休日問わず、18時のナイトスパからは大学生で激混みして、いろんなコーナーが混んでいてあまり楽しめないと思うので、日中に来るのが良いかもしれません。

お風呂上がりのアイス美味しかった~ 抹茶とバニラのサラブレット。

まとめ

✔ プールも温泉も綺麗で、お庭もよく手入れされていて快適
✔ 朝から突撃→岩盤浴→プール→お風呂のコースがベスト
✔ 中学生未満は入れないので静かで落ち着く
✔ ごはんとか食べるとなんやかんやでけっこう高くつく
✔ 有休を取ってスーパー銭湯で疲れた身体を癒すのはめちゃめちゃ有意義


そんな感じでした!!!
あと2日、お仕事がんばりましょう!!!(元気)



気になる女の子と回転寿司に行くときのコツ

 

f:id:akhmani:20180722223222j:image

まだそこまで仲良くないけどちょっと気になっている、そういう女の子と食事に行くとき、手始めに回転寿司でも行きます?ってなることって多いですよね。あるいは付き合いたての彼女と小腹が空いたけど微妙な時間だなーってとき、ちょっとフランクに回転寿司とか行ってみちゃう?みたいな流れになりますよね。

皆さんそんなときどうしてますか?漫然と寿司を食べてはいませんか?

実は回転寿司は回っている皿をただ取ってただ食べるだけの場所ではありません。あの独特のシステムの店では、他の店とは違うちょっとした気遣いで相手からの評価を上げることも下げることもできます。「こいつとはもう回転寿司には行かねえ、いや、どこにも行かねえ」と思われないためのちょっとしたコツを3つ、ご紹介します。

 

もくじ

 

1.座る席に気をつける

f:id:akhmani:20180722224524j:image

最初に気をつけなければならないのは座席の位置です。入店時から戦いは始まっているのです。

回転寿司って、お茶を自分で入れますよね。魚の名前がびっしり書いてある湯飲みに粉末を入れて、お湯が出る蛇口のところに持って行って、お茶を作りますよね。そのお湯が出る蛇口というのがポイントで、大抵のお店では2席に1席ぐらいの割合でしか付いていないのです。全席にあるわけではないのです。

相手を蛇口の付いていない席に誘導し、自分は蛇口の近くに座る。これです。

蛇口の近くに座ることで、相手の湯飲みにお湯を入れてあげることができるし、申し訳なさそうな顔をして相手にお湯を入れさせる、なんていう事態に陥ることもなくなります。例えばお茶の粉末を相手に入れてもらって自分がお湯を入れて「ハイどうぞ」と渡すという、一種の”共同作業”もできます。

また、回転寿司で着席するときは出口付近より奥の、それもなるべく空いているゾーンを選ぶと思います。その時、他の人のすぐ隣に座ることになってしまった場合は、なるべく相手が女性か若者の隣に座るよう誘導し、自分はおじさんなどの隣を確保するといいでしょう。左右どちらもおじさんに挟まれていた場合は、より身綺麗なおじさんの方へ座ってもらいましょう。

 

2.注文は相手の分も聞く

f:id:akhmani:20180722224659j:image

カウンターに向かって「サーモンとアジ!」とか「中トロさびぬきでー!」とか頼むのが恥ずかしいという女性は多いです。私も声が通らない人間なので慣れるまではけっこう苦痛でした。

自分で頼みたいという人もいますが、それを確かめる前は、「サーモン頼もうと思うんだけど、ついでになんか頼みたいものある?」とひと言声をかけましょう。私はそれだけですごく有難いし嬉しくなります。

逆に一人でポンポン勝手に注文していると、自分勝手で気の利かないやつだと思われる場合があります。自分の後に入ってくる人がいるのにドアを押さえておこうとしない人と同じです。

実際に一緒に注文するかどうかは関係なくて、頼みますか?と確認をする、その「手続きがなされた」という事実が大切なのです。理不尽と感じる人もいるかもしれませんが、それが回転寿司のマナーというものです。

 

3.会計の方法で距離感を測る

f:id:akhmani:20180722224615j:image

回転寿司は、お会計時に「お会計は別々になさいますか?」という聞かれ方をします。その場合、取りうる選択肢は「別々で」「一緒で」の2択です。

その時の相手の出方を伺うことによって、相手の好感度・距離感を測れます。少しだけ返事を待って出方を伺ってみましょう。

ただし、女性側からの回答は「別々で」か「沈黙」の2択です。女から「一緒で!」なんて言うことはまずありません。奢って欲しいという魂胆が見え見えになるからです。

①「別で」と言われた場合

相手が心を開いていない可能性が高いです。あなたにとって相手が気になる異性でも、相手にとってはあなたは気になる異性ではないかもしれません。もっとひどい場合には、あなたが嫌われていて、「決して借りを作ってなるものか」と思われている場合です。仲良くなってから再チャレンジしましょう。

ただし、好き嫌い関係なく「自分の分は絶対自分で払う」というポリシーがあるだけという人も、ごく稀にですがいます。

②「沈黙」だった場合

あなたに判断を委ねられています。この場合は「一緒で」というのがスマートです。自分から「別で!」と言ってしまうとお前には心開いてないぜアピールと取られかねないので、気になっている相手なら出来るだけ「一緒で」と言いたいところです。

相手が少し出しますよという態度なら出してもらいましょう。普通の回転寿司なら野口を1人、高級回転寿司であれば野口を2人もらえばちょうど良いぐらいですね。

とはいえ回転寿司は安価なので、よほどの大食いでなければ「全部俺が出すよ」が簡単なところもポイントが高いです。

 

まとめ

1.座る席に気をつける

2.注文は相手の分も聞く

3.会計の方法で距離感を測る

 

これであなたは回転寿司マスターです。

気になる異性をどんどん誘って回転寿司に行きましょう。